2010年02月22日

【バンクーバー五輪】フィギュア 会見50分遅れ、ありえぬ失態

 フィギュアスケート女子日本代表の3人が顔をそろえる記者会見は、予定から50分遅れてスタートした。最初に席についた浅田が「遅れてしまってすみません」と謝罪、異例の形で始まった。

 会見はメーンプレスセンターで設定された。日本はもちろん、海外メディアにも日時を告知した「公式行事」だ。大幅に開始が遅れ、30分が経過したころからは「次の取材がある。待っていられない」と、部屋を出る取材陣が相次いだ。

 会見では「休日の渋滞による到着遅れ」とだけ説明があった。この日は土曜日。多くの人が町に繰り出し、あちこちで交通規制が敷かれる。大会が始まって9日目。状況を把握していなかったとしたら準備不足だ。

 関係者によると、道に迷ったとの情報もある。時間を設定し、選手を誘導する日本スケート連盟関係者は、公式行事や日本選手団の印象作りへの意識があまりに薄いようだ。少なくとも、他国の会見で経験したことはない。(榊輝朗)

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
posted by labyrinth at 09:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。