2010年02月22日

<五輪フリースタイル>最初で最後の大舞台 苦労人・滝沢

 【バンクーバー栗林創造】バンクーバー冬季五輪で新種目となったフリースタイルスキー・スキークロスの男子が21日(日本時間22日)に行われ、日本代表の滝沢宏臣選手(36)=トーヨータイヤ=は決勝トーナメント1回戦で敗退した。この競技では、日本の草分け的存在といえる滝沢選手は競技後、現役引退を表明した。五輪出場を目指し、スキーのアルペン、モーグルと種目を変えて挑戦してきた苦労人は、最初で最後の大舞台で、波乱の選手生活を終えた。

 前の年より体が一回り大きくなり、服のサイズが合わなくなった。万全の状態を作り上げて、五輪シーズンを迎えたはずだった。

 ところが、夏に太ももを痛め、ワールドカップ(W杯)転戦中にレース用のスキー板が壊れた。さらに五輪切符を手にした直後の今年1月末、試合中に転倒して右でん部付近を強打した。レントゲンには、右足つけ根の骨に亀裂のようなものが写っていた。「オレは(五輪に)出ちゃだめなの」。思わず、嘆きが口をついた。

 しかし幸い、大事には至らず、五輪のスタート台に立てた。「全世界の人が注目する中、国の誇りを懸けて戦っていく。その中に自分がいられるのは光栄だった」

 波乱続きのこの1年は、山あり谷ありのスキー人生と重なる。16歳の時、アルペンでナショナルチーム入り。92年アルベールビル大会で、初めて五輪の日本代表候補となった。98年長野大会はモーグルで出場を狙った。しかし、いずれも五輪には届かず、長野後、活動の中心をスキークロスに移し、02〜03年にW杯で種目別総合優勝を果たした。

 その間、幾度もけがに見舞われた。自身の所属先が決まらず、経済的に苦しんだ時期もあった。年間活動費は200万〜300万円。五輪シーズンは支援してくれるスタッフにかかる経費も加わった。愛車を手放したり、失業保険を受けながら競技を続けたこともある。「どうやって借金を返そうかな、ハハハ」

 笑顔の裏には、ただ一人の先駆者ゆえの苦しさが隠れている。迷った時にアドバイスを求められないつらさが身に染みた。だから、14年ソチ五輪には「育てる方(指導者)でいきたい。自分が培ってきたものを、若い選手に伝えられるように」。

 日本のスキークロスを強くする。滝沢選手の新たな戦いがバンクーバーで始まった。

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
posted by labyrinth at 12:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。