2010年02月22日

15歳美帆つかんだ手応え「力出し切った」

 今大会2種目目となるスピードスケート女子1500メートルに出場した15歳の高木美帆。

 昨年末の五輪選考会で出した自己ベストの1分59秒47には及ばず、2分1秒86だった。

 35位の最下位だった初戦の1000メートルに比べて、ラップが極端に落ちることはなく、本人も「力を出し切った感はある」とまずまずの手応えをつかんだ様子。1000メートルは初の大舞台だったこともあり「空気にのまれていたかな」と振り返る。それでも1度経験したことが、この日のレースにうまくつながったといい、「悔いは残らなかった」と表情も明るかった。

 26日(日本時間27日)から始まる団体追い抜きのメンバーに入っているが、本番で起用されるかどうかは今後の練習の内容を見て判断される。「まずは1500メートルの疲れをしっかり取りたい。団体種目なので先輩たちとコミュニケーションをしっかりとりたい」と、3度目の世界への挑戦を楽しみにしている。(畔川吉永)

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
posted by labyrinth at 21:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。