2010年02月22日

<五輪カーリング>準決勝へ、背水の陣 3勝3敗で正念場

 カーリング女子日本代表の、一進一退の戦いが続いている。21日(日本時間22日)は、午前に世界ランキングで格上のロシア相手に6点差を逆転して3勝目を挙げたと思えば、夜は格下のドイツに競り負けて3敗目。たくましさとひ弱さが同居する戦いぶりに、前回トリノ五輪の出場経験を持つ本橋は「チームの完成度をもっと上げないといけない」と話した。

 前半0−6の劣勢から追いついて、延長戦にもつれ込んだロシア戦。第11エンド、日本が得点すれば勝利の場面で、司令塔のスキップ目黒の最終投を迎えた。目黒のショットは、敵味方のストーン(石)の間を縫って絶妙なコースを走り、相手ストーンをはじき出してハウス(円)の中央へ。阿部晋也監督が「記憶にない」という会心の逆転劇だった。相手のミスにつけ込み、態勢を立て直すたくましさを見せた。

 ところがドイツ戦では、一転してミスで自滅した。0−0で迎えた第2エンド。本橋の第2投は、相手のストーンを狙いながら、かすりもせずにハウスを通り抜けた。この一投から先制を許すと、ずるずるとそのまま敗れた。リズムを崩すと立て直せない、もろさが顔をのぞかせた。

 22日(日本時間23日午前7時から)は3敗同士のスイス戦。世界ランキング9位の日本に対して、スイスは4位。しかも相手は現在3連勝中と勢いに乗る。勝てば1次リーグの上位4チームによる準決勝進出争いに踏みとどまり、負ければ大きく後退する。カナダ、スウェーデン、中国が3強を形成するが、あとはほぼ横一線。勝敗が並べばタイブレーク(準決勝進出決定戦)もある。悲願のメダル獲得に向け、「クリスタル・ジャパン」(日本代表の愛称)は正念場を迎えた。【飯山太郎】

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
posted by labyrinth at 22:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。