2010年03月31日

孝行息子・把瑠都、エストニアの母でっかい笑顔

 【ラクベレ(エストニア北部)=三好範英】新大関に昇進した把瑠都(本名カイド・ホーベルソン)(25)の故郷、エストニア北部ラクベレ郊外の実家では、母親のティーナさん(47)が30日夜(日本時間31日未明)、「とてもうれしい。じっくりやればきっと横綱になると信じている」と、喜びと期待を語った。

 実家は、首都タリンから車で約2時間。周囲は森と畑が広がり、農家が点在する。夜は0度近くに冷え込み、道端には除雪された雪が積まれていた。

 屋内には、把瑠都が子どもの時から地元の柔道大会で優勝したトロフィーなどがずらり。その前でティーナさんは「日本に渡った当初は食事に慣れず、『ライ麦パンなどがとても恋しい』と電話口で嘆いていた。勝手に外出できないなど、相撲界の習慣も窮屈だったようだ」と、息子の苦労を思いやった。

 夫と死別し、女手一つで子ども3人を育てた。把瑠都は次男で、「先生から呼び出しを受けることもなく、手のかからない子だった」といい、「ためたお金で大きなトラクターを買って、故郷の畑を耕したい」と夢を語っているそうだ。

 息子の活躍はインターネットで見ている。取り出した新聞には「日本の相撲専門家が、把瑠都の明るい将来を予測」などの見出しが躍っていた。ティーナさんによると「エストニアでの相撲の人気は今ひとつ」だが、大関昇進が確実になった頃から、地元主要紙も連日のように、活躍を報じているという。

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
■ 青田典子の【ビューティブル・ダイエット】
■ 楽天1位のダイエット茶 最強セット 十宝温美茶に黒の奇跡がおまけでつきます!
■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
posted by labyrinth at 15:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。