2010年05月12日

目立つ若手の伸び悩み=選手寿命伸び、平均は過去最高−プロ野球年俸調査

 労組日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)はこのほど、2010年開幕時の年俸調査結果を発表、12球団支配下選手742人(選手会に加入している中日・チェン以外の外国人選手を除く)の平均年俸が3830万円で過去最高を記録した。1億円以上は74人で、これも過去最高の04年に並んだ。
 不況下にもかかわらず、平均年俸が過去最高になったが、選手会の森忠仁次長は「若手は伸びていない。そしてベテランが長くやっている」と言う。選手寿命が延びて高額のベテランが目立つ一方、1500万円(1軍最低保障年俸)以下の選手は406人(55%)に上った。
 また、年齢階層別で平均年俸を見ると、36歳以上(49人)は前年比0.5%減ながらも、1億1951万円と3年連続で1億円の大台を維持。しかし、23歳以下(178人)では前年の1031万円から8.2%減の946万円に落ちている。
 「球団も予算がある。30歳以上のところに厚く払われている反面、若手の伸び悩みを反映している」と森次長。
 1軍で主力として長くプレーできれば、高額年俸が約束されるプロの世界。競争に勝てない選手には、いつの時代も、厳しい現実が待つが、「生き残った者の強み」が一層明確になっている。 

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
■ 青田典子の【ビューティブル・ダイエット】
■ 楽天1位のダイエット茶 最強セット 十宝温美茶に黒の奇跡がおまけでつきます!
■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
posted by labyrinth at 07:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。