2010年06月30日

本田・遠藤に慎重プレス…パラグアイ練った日本対策

 華麗なボール回しからゴールを奪うのが南米の多くのチームの特徴だが、パラグアイはひと味違う。全員が動き回って、堅守速攻を身上とする。

 前戦ニュージーランド戦から先発を5人も入れ替えたが、持ち味は変わらなかった。

 最終ラインが高い位置をキープし、全体をコンパクトに保ち続けた。ボールを奪うと、1メートル89のサンタクルスら長身のFW陣を目がけて、ロングボールを放り込む。日本の誇る中沢、闘莉王も対応に精いっぱいだから、こぼれ球から何度もパラグアイがチャンスを作った。29分には、こぼれ球を拾ったサンタクルスが、惜しいシュートを放った。南米予選3位通過をもたらした戦術を、この試合でも披露した。

 また日本対策もかなり練ってきたようだ。本田、遠藤のFKを相当警戒してか、相手FKの射程内の自陣では、ファウルをとられないよう、慎重にプレスをかけた。36分に日本にFKを与えた際、パラグアイのマルティノ監督が判定に対して猛烈に怒っていたのは、警戒ぶりを示すシーンだった。

 グループリーグ3試合を計1失点で切り抜け、世界ランク5位のイタリアに引き分けた堅守は、健在だった。マルティノ監督は、試合前にこう語っていた。「我々の究極の目標は、準々決勝ではない。一歩一歩進んでいく」。持ち味をしっかり残しながら、対戦相手を分析して戦いに臨む。大舞台でも、自分たちの形を失わなかった。(込山駿)

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
■ 青田典子の【ビューティブル・ダイエット】
■ 楽天1位のダイエット茶 最強セット 十宝温美茶に黒の奇跡がおまけでつきます!
■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
posted by labyrinth at 09:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。