2010年06月30日

W杯8強出そろう、大会佳境へ…南米勢が半数

 今大会は8強が出そろい、いよいよ佳境に入る。

 大きな特徴は、南米勢が4チームと半数を占めたことだ。出場13チーム中、7つが南米勢だった第1回の1930年ウルグアイ大会を除けば史上最多となった。

 前回ドイツ大会で6枠を占めた欧州はスペインとオランダ、ドイツの3チーム。躍進が期待されたアフリカ勢もガーナのみとなり、アジア勢はすべて姿を消した。

 南米勢は、常連のブラジル、アルゼンチンに加え、決勝トーナメント1回戦で韓国を2―1で下して40年ぶり8強を果たしたウルグアイが残り、日本との延長、PK戦を制したパラグアイも初めて準々決勝に進んだ。

 すべてグループリーグを無敗で突破しており、攻撃力で相手をねじ伏せるアルゼンチンを除けば、むしろ守備の安定感が印象的だ。

 南半球開催で冬のW杯とはいえ、南米勢の選手も多くは欧州でプレーしており、条件面では欧州と差がない。AFP通信によると、パラグアイのマルティノ監督は「我々は歴史を塗り替えようというより、良いプレーだけを心がけている。今回で言えば、南米勢は十分な準備をして大会に臨んでいると思う」と語っている。

 大会は休養日を挟んで2日から準々決勝が始まる。史上初の「南米勢4強独占」をどのチームが阻止するかが、大きな見どころだ。

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
■ 青田典子の【ビューティブル・ダイエット】
■ 楽天1位のダイエット茶 最強セット 十宝温美茶に黒の奇跡がおまけでつきます!
■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
posted by labyrinth at 20:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。