2010年07月12日

スペイン、延長戦制し初の栄冠…1─0オランダ

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会最終日の11日(日本時間12日未明)、決勝のオランダ―スペイン戦は、延長後半の116分にイニエスタのゴールで決勝点を奪ったスペインが1―0でオランダを破り、初優勝を果たした。

 2008年9月から公式戦25戦無敗だったオランダは、1974年、78年大会に続く3度目のW杯決勝で初の頂点を狙ったが、今回も涙をのんだ。

 前半は互いに慎重な試合運びとなった。スペインは12分、右からのクロスを受けたビリャが左足でボレーシュートを放ったがサイドネットへ。オランダは18分にスナイダーがFKから直接ゴールを狙ったが、GKが正面でキャッチした。

 後半に入り、オランダは62分、スルーパスに抜け出したロッベンがスペインGKカシリャスと1対1になるが、カシリャスの好セーブに阻まれて絶好機を逃した。

 ロッベンは83分にも中央を突破してゴールに迫ったが、ここでもカシリャスが飛び込んでボールをキャッチした。

 延長戦に突入した95分には、今度はスペイン・セスクがオランダGKステケレンブルフと1対1の決定機を迎えたが、ステケレンブルフが絶妙な飛び出しで防いだ。

 オランダは延長後半の109分にハイティンハが2枚目のイエローカードを受け、10人での戦いとなった。

 スペインは116分、セスクからのラストパスをペナルティーエリア右で受けたイニエスタが、右足でボレーシュート。ボールはゴール左隅に突き刺さり、試合終了間際の劇的な決勝点で初の栄冠を手にした。

 試合は前半から荒れ模様の展開となり、両チーム計14枚のイエローカードが乱れ飛んだ。主審の支援や選手交代などを行う第4審判員は、日本の西村雄一氏が務めた。

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
■ 青田典子の【ビューティブル・ダイエット】
■ 楽天1位のダイエット茶 最強セット 十宝温美茶に黒の奇跡がおまけでつきます!
■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
posted by labyrinth at 07:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。