2010年07月13日

「国の立ち場向上に直結…もてなしの心でPR」元代表・主将の宮本氏

【W杯22年日本招致】

 2002年、06年W杯で日本代表の主将を務め、現在はJ1神戸でプレーしながらW杯招致アンバサダーの重責を担う宮本恒靖選手(33)がW杯日本開催の意義や期待を語った。(聞き手・堀健二)

 −−まだ一般的に認知している人が、少ないようにも感じますが

 「今回のW杯で盛り上がったのは、いいタイミングだと思います。日本での大会を見たい人も増えるでしょう。僕としては、世界最高の戦いを再び日本国内で見られる、その熱い戦いに触れることが楽しみ。テクノロジーが日本のアドバンテージになり、招致に有利だというのは十分理解しています」

 −−大阪・梅田の「エコスタジアム」が開幕、決勝戦の舞台の候補として挙がっています

 「2007年に日本を離れてオーストリアにいたとき、世界陸上が長居であり、向こうのテレビにもその映像が流されました。『大阪って、お前がいた場所やろ』って仲間に言われて、誇らしく思いましたね。そういう大イベントの開催地になる、しかも開幕、決勝戦をやるのはすごいこと。梅田の構想を知ったときは驚きましたが、大阪の歴史の中でもかなり重要なものになると思います」

 −−日本で再びW杯を開催する意義は

 「開催国である日本を知ってもらい、興味を持ってもらえる。サッカーだけでなく、世界の中の日本の立つ位置の向上にもつながると思います。2002年の人々の熱狂ぶりは強烈なインパクトがありましたが、子供たちにとって、そこに自分が出る可能性があるとなれば必然的に頑張るし、子供の目線、目標が高くなるのは、すごくいいことだと思います」

 −−日本開催の良さをアピールしたいですね

 「日本人は『おもてなしの心』をみんなが持っている。どちらかというと、外国ではサービスにお金が発生するものだと思っている。それを全国民が持っている国でやれるというのは、外国から来た人にとって居心地がいいんじゃないでしょうか。ぜひ、世界中の人々が喜んでくれる大会を実現したいですね」

 【プロフィル】宮本恒靖(みやもと・つねやす) 1977年2月7日生まれ、大阪府出身。95年から2006年までG大阪で12年間活躍した後、オーストリアのザルツブルクへ移籍し、09年からは神戸でプレー。頭脳派DFとして名をはせ、日本代表では通算71試合で3得点。W杯は02年日韓、06年ドイツと2大会に出場。

 【用語解説】W杯招致アンバサダー

 Jリーグ各クラブが選んだ各1人に、オシム、ジーコ、トルシエの元日本代表監督らの計28人が就任。2022年W杯の日本開催に向けた広報活動などへの参加、招致活動に対するアドバイスを行う。任期は原則として今年12月の開催国決定まで。アンバサダーは日本語で「大使」。現役選手では中村俊(横浜M)、長谷部(ウォルフスブルク)、宮本(神戸)、中山(J2札幌)ら新旧の日本代表組も名を連ねている。

【関連:W杯22年日本招致】
元代表MF森島氏「生の迫力見れば成長、子供に夢を」 W杯日本招致
W杯招致、勝負は最先端テクノロジーによる「サッカーコンテンツの革新」
鬼武チェアマン、W杯招致「カギは大阪エコスタ 建てねば千年の悔い」
W杯22年日本招致 FIFA、19日から来日視察
オシムが見た決勝戦 今後はスペインのサッカーがモデルに

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
■ 青田典子の【ビューティブル・ダイエット】
■ 楽天1位のダイエット茶 最強セット 十宝温美茶に黒の奇跡がおまけでつきます!
■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
posted by labyrinth at 12:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。