2010年07月19日

遠藤、後半ロスタイム凱旋V弾!全3得点に絡んだ!!…G大阪

 ◆J1第13節 G大阪3―2浦和(18日・万博記念競技場) 浦和と対戦した12位のG大阪は日本代表MF遠藤保仁(30)が先発復帰。1点を追う前半ロスタイム1分に同点アシストを決めると、後半19分には右からのクロスがオウンゴール。後半ロスタイム3分に追い付かれたが、その直後に決勝ゴール。1ゴール“2アシスト”の活躍で接戦を制した。横浜Mは代表引退を表明したMF中村俊輔(32)が先発したが広島に敗れた。湘南は京都に1―0で勝ち最下位脱出。

 格好良すぎる凱旋試合だ。同点に追いつかれた直後の後半ロスタイム4分、南アW杯で日本を16強に導いた男は、勝負をあきらめていなかった。「ワンチャンスある」。MF武井のクロスをFWイがトラップして、フリーだったMF遠藤にパス。ペナルティーエリアの外から、右足ダイレクトでゴール左上に突き刺した。

 4分のロスタイム終了間際に、劇的な“サヨナラゴール”。右拳を力強く握りしめると、武井と抱き合った。「寄せてきたDFの位置も分かっていた。コースにさえ飛べば入るなと思った。そんなに難しくない」と心憎いほどの冷静さだった。

 12日に練習を再開したばかりで、14日の京都戦は欠場した。W杯1次リーグのデンマーク戦でFKを決めたヒーローを見ようと、万博に2万201人が詰めかけた。その期待を裏切らなかった。

 0―1の前半ロスタイム1分に、FW宇佐美の同点ゴールをアシスト。さらに後半19分には、右足アウトサイドでゴール前へ上げると、浦和のDF山田暢のオウンゴールを誘った。1得点“2アシスト”で全得点を演出。西野朗監督(55)は「世界のステージを感じて、ワンランク上がった」と絶賛した。

 世界のスーパースターの映像を見る選手が多い中、遠藤はほとんど見ない。「今の自分をスケールアップできればいい。あまり誰かのプレーは見ない」。それは、自分自身に、確固たる自信があるからだ。

 今季、先発した試合では初めてホームで勝ち、歓喜の輪に加わった。「次(のW杯)に向けて、いいスタートが切れた。燃え尽きたというのはない」。34歳で迎えるブラジル大会までに、さらにすごみを増していく。

 ◆遠藤の南アW杯 右ボランチとして全4試合に先発出場。1勝1敗で迎えた1次リーグ最終戦、対デンマークでは、1―0の前半30分にゴールほぼ正面20メートルからFK。巻くような軌道でチーム2点目、W杯自身初ゴールを決めた。デンマーク戦後半ロスタイムに交代したが3試合はフル出場。

 

前日予想もわずか10秒!12年連続「完全プラス収支」の金字塔「ボルトアクション馬券術」
■ 最短でカッコイイBODYに【腹割BODYデザイン法】
■ 初回限定!毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』
■ 発毛進化論―自宅で出来る発毛セルフケア
■ SEO対策最終兵器∇サーチエンジン・リンク集・モバイルリンク一括登録29350件トランスフォームDX1.1サーチエンジン緊急追加9000件強!!モバイル対応最終型完全合
■ 青田典子の【ビューティブル・ダイエット】
■ 楽天1位のダイエット茶 最強セット 十宝温美茶に黒の奇跡がおまけでつきます!
■  聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
posted by labyrinth at 11:00| Comment(0) | スポーツニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。